【衝撃】ポケモン界に現れた新ポケモン、増税ポケモン「ゼイクス」とは【架空ポケモン】

スポンサーリンク

ゼイクスは、パルデア地方で発見された新種のポケモンだ。あく/はがねタイプで、高額な税金を徴収するために、大きな袋を持って追いかけ回す。眠らないで働き続ける。特性はふみんで、眠り状態にならない。

ゼイクスは、税金に関する知識が豊富なポケモンである。自分の管轄内のポケモンや人間の所得や財産を把握しており、それに応じて税金を課す。ゼイクスは、税金を払わない者に対しては容赦しない。袋で殴りつけたり、罰金を科したりすることもある。

ゼイクスは、硬貨の入った袋を使って攻撃することが得意である。その一撃は非常に重く、どんなものでも砕くことができる。ゼイクスは、自分の袋を大切にしており、汚れたり傷ついたりすると怒る。

ゼイクスは、進化することができるポケモンである。レベル40でゼイタックスに進化する。ゼイタックスは、より強力な税金を徴収するために、大きな鎌を持つようになる。また、特性はふみんからプレッシャーに変わる。プレッシャーは、相手の技のPPを減らす効果がある。

ゼイクスは、主に都市部や工業地帯に生息している。そこでは税金の対象となるポケモンや人間が多く、また袋のメンテナンスもしやすいからだ。ゼイクスは、自分のオフィスに税金の記録や袋を保管しており、それを見られないように厳重に管理している。

ゼイクスは、人間と仲良くなることができるポケモンである。しかし、そのためには人間がゼイクスに税金を払ったり、仕事を手伝ったりする必要がある。ゼイクスは、自分よりも金銭的に恵まれている人間に対しては尊敬を持つことが多いが、自分よりも貧しい人間に対しては軽蔑を持つこともある。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました