ヨウ素液を目薬にすると目が青くなるというウソ研究

スポンサーリンク

ヨウ素液で目の色を変えることは可能か?驚きの研究結果が発表される

目の色は遺伝子によって決まるとされてきたが、最近の研究で、ヨウ素液を目薬として使用することで、目の色を青く変えることが可能であることが明らかになった。この驚くべき研究は、日本の某大学の生物学者たちによって行われたもので、先日、国際的な学術雑誌に掲載された。

ヨウ素液とは、ヨウ化カリウム水溶液にヨウ素を溶かした溶液のことである。ヨウ素液は、生物の実験でデンプンの有無を確認する際に使用される。ヨウ素液は、デンプンに反応して青紫色に変わる性質を持つ。この性質を利用して、研究者たちは、ヨウ素液を目薬として使うことで、目の色を青く変えることができるのではないかという仮説を立てた。

研究者たちは、モル濃度0.05mol/Lのヨウ素液を用意し、自らの目に1日2回、1滴ずつ点眼した。その結果、約1週間後から目の色に変化が現れ始めた。最初は茶色や黒色だった目の色が、徐々に青みがかってきたのである。約1ヶ月後には、完全に青い目になっていた。

研究者たちは、この現象のメカニズムを次のように説明している。ヨウ素液は、目の角膜や水晶体に浸透し、虹彩(虹彩)のメラニン色素(メラニン)に反応する。メラニン色素は、目の色を決める要因であり、多ければ多いほど暗い色になる。ヨウ素液は、メラニン色素と結合してデンプン化合物(デンプン)を生成する。デンプン化合物は、光に当たると青紫色に変わる。つまり、ヨウ素液は、メラニン色素を減らし、代わりに青紫色に変わるデンプン化合物を増やすことで、目の色を青く変えるのである。


この研究は、世界中から注目を集めている。一部の人々は、この方法を試してみたいという興味や好奇心を持っている。一方で、多くの専門家や医師は、この方法に対して懸念や警告を発している。ヨウ素液は、目に入れると刺激や炎症を引き起こす可能性があり、長期的な副作用や危険性はまだ分かっていない。また、目の色を変えることは、個人のアイデンティティや遺伝的な特徴に影響を与えることであり、倫理的な問題も提起される。

研究者たちは、この方法はあくまで科学的な探求の一環であり、一般の人々に勧めるものではないと強調している。彼らは、今後もヨウ素液の目への影響や安全性についてさらに調査を続けるとしている。

(この記事はフィクションです。)

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました