東京タワーがサメに食われる日

スポンサーリンク

 

地球温暖化で海面が上昇、東京都心が水没

2023年、地球温暖化の影響で海面が急激に上昇し、東京都心が水没した。かつて繁華街やビジネス街だった場所は、水の中に沈んだ。人々は高台や避難所に移動し、生活を再建しようとした。

しかし、水没した東京都心は、人間の手が及ばない場所となった。そこには、海洋生物が住み着き、新たな生態系を形成した。その中には、サメもいた。

東京タワーは水面からわずかに顔を出すだけ

水没した東京都心の中でも、特に目立つ建造物があった。それは、東京タワーだった。東京タワーは高さ333メートルあるが、海面が約300メートル上昇したため、水面からわずかに顔を出すだけになった。

東京タワーは、人間の象徴として建てられたものだったが、今では人間の姿は見えない。代わりに、海洋生物が東京タワーに住み着き、その姿を変えていった。

サメは東京タワーを自分の縄張りとして主張

海洋生物の中でも、特に目立つ存在があった。それは、サメだった。サメは東京タワーを自分の縄張りとして主張し、他の生物を追い払おうとした。

サメは東京タワーを噛んだり引っ掻いたりして、徐々に破壊していった。鉄骨や塗装はサメの歯や爪によって削られ、錆びて腐っていった。

東京タワーがサメに食われる日

2025年5月14日、ついに東京タワーがサメに食われる日がやってきた。サメは東京タワーの最上部に噛みつき、一気に引きちぎった。東京タワーはバランスを崩し、水中に倒れ込んだ。

サメは満足げに東京タワーの残骸を食べる。かつて人間の象徴だった東京タワーは、サメの餌となった。

これが現実味のあるシナリオだというならば、人間はどうすべきなのだろうか?地球温暖化を止めることはできるのだろうか?東京タワーがサメに食われる日を防ぐことはできるのだろうか?

それとも、人間はすでに遅すぎるのだろうか?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました