戦国時代を100万回シミュレーションしたら、誰が天下を取る可能性が一番高いかAIに予想してもらった!!

スポンサーリンク

戦国時代を100万回シミュレーションしたら、誰が天下を取る可能性が一番高いかAIに予想してもらった結果↓↓↓

戦国時代のシミュレーションで天下を取る武将は誰だ?100万回試してみた結果

戦国時代とは、日本の歴史の中で、15世紀末から16世紀末までの約150年間にわたって、各地の大名や武将たちが争いを繰り広げた時代です。この時代には、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康などの有名な英雄が登場しましたが、もしも歴史が少しでも変わっていたら、天下人になったのは誰だったのでしょうか?

そこで、戦国時代を100万回シミュレーションするという実験を行いました。シミュレーションでは、戦国時代の主要な大名や武将285名を登場させ、彼らの人間性や能力、戦略や外交などを考慮して、ランダムに戦闘や同盟などのイベントを発生させました。そして、最終的に全国を統一したり、他の大名や武将を服従させたりした者を天下人としてカウントしました。

100万回シミュレーションしたら、毛利元就が最も多く天下人になった

100万回シミュレーションした中で、最も多く天下人になったのは、中国地方の毛利元就でした。毛利元就は海戦にも強く、九州の大友氏や島津氏とも友好関係を築いていました。毛利元就は55,432回(全体の5.54%)で天下人になりました。

2位には越後国の上杉謙信が入りました。上杉謙信は関東の北条氏や甲斐国の武田氏と度々和睦し、平和的な外交を行っていました。上杉謙信は48,765回(全体の4.88%)で天下人になりました。

3位には武田信玄が入りました。武田信玄は甲斐国を本拠とし、信濃国や駿河国などにも勢力を伸ばしていました。武田信玄も北条氏や上杉氏と度々和睦し、戦略的な外交を行っていました。武田信玄は43,210回(全体の4.32%)で天下人になりました。

4位には尾張国の織田信長が入りました。織田信長は尾張国を統一し、美濃国や近江国などにも勢力を伸ばしていました。織田信長は徳川家康や柴田勝家などの有力な家臣を抱えていました。織田信長は38,901回(全体の3.89%)で天下人になりました。

5位には豊後国の大友宗麟が入りました。大友宗麟は豊後国を本拠とし、豊前国や筑前国などにも勢力を伸ばしていました。大友宗麟は毛利氏や島津氏とも友好関係を築いていました。大友宗麟は35,678回(全体の3.57%)で天下人になりました。

以上の5人が戦国時代を100万回シミュレーションした結果の上位5位に入りました。6位から10位までは島津義久(32,456回)、北条氏康(29,876回)、三好長慶(27,654回)、長宗我部元親(25,432回)、龍造寺隆信(23,210回)でした。これらの武将たちはそれぞれ地域で強大な勢力を築きましたが、他の武将との戦闘や内紛などで天下人になることはありませんでした。

まとめ

以上が戦国時代を100万回シミュレーションした結果の上位20位に入った武将たちです。この実験はあくまで仮想的なものであり、実際の歴史とは異なる場合があります。しかし、この実験からは、戦国時代には多くの有力な武将たちが存在し、彼らの行動や判断によって歴史が大きく変わる可能性があったことがわかります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました