ゲーム

コイキングが食べられて骨だけになったことで生まれたポケモン【架空ポケモン】

コイボーンは、コイキングが食べられて骨だけになったことで生まれたポケモンです。コイキングは、みずタイプのポケモンで、魚のような姿をしています。コイキングは、とても弱くて役に立たないポケモンとして知られています。コイキングは、自分の力を信じて、いつかギャラドスに進化することを夢見ています。しかし、コイキングは、ある日、他のポケモンや人間に食べられてしまいました。その結果、コイキングは死んでしまいました。
ゲーム

Chat GPT-4の考えたフローゼルの進化系「フローザーク」

フローザークは、フローゼルの進化系として想像されるポケモンです。みずタイプとあくタイプを持ち、うみイタチポケモンと呼ばれます。フローゼルよりも大きくて強くなり、水中での速度や機動性に優れています。
ゲーム

Chat GPT-4が考えた新しいポケモン「高齢化カイリキー」

カイロウは、カイリキーが高齢になって進化したポケモンです。カイリキーは、かくとうタイプのポケモンで、筋肉質な体と強靭な腕力を持ちます。カイリキーは、自分の力を試すために、常にトレーニングに励んでいます。しかし、カイリキーは年を取ると、肉体的な力だけではなく、精神的な力も必要だと気づきます。そこで、カイリキーは、エスパーの力を身につけるために、瞑想や呼吸法などを行うようになります。その結果、カイリキーは進化して、カイロウになります。
ゲーム

Chat GPT-4の考えた新しいポケモン「闇落ちフシギバナ」

ヤミバナは、フシギバナの闇落ちした姿です。フシギバナのように、背中に大きな花がありますが、花びらは黒く、花の中心は赤い目のようになっています。この花は、太陽の光ではなく、闇の力を吸収してエネルギーに変えます。そのため、ヤミバナは日光を嫌い、暗い場所に住んでいます。ヤミバナは、フシギバナよりも攻撃的で凶暴な性格をしています。
ネタ

Chat GPT-4が考えたヤバイSCP紹介

説明: SCP-HHHH-JPは、人間の心臓と外見・構造・機能がほぼ同一の器官です。SCP-HHHH-JPは、人間以外の生物に移植すると、その生物が人間に変化するという異常性を持ちます。SCP-HHHH-JPの移植を受けた生物(以下、SCP-HHHH-JP-1)は、以下のような変化を経験します。
ゲーム

ドラクエ12のストーリーをChat GPT-4で予想してみた

世界は火に包まれた。かつて神々が創りし理想郷は、邪悪な力によって破壊され、人々は絶望の中で生きる。しかし、一筋の希望があった。それは、運命に選ばれし者が持つ炎の力だった。その力は世界を救うことも滅ぼすこともできると言われていた。主人公は、その力を持つ一人として旅立つことになる。仲間や敵、神や悪魔と出会いながら、自分の選択を問われる。果たして主人公は、世界の未来をどう導くのか?