ハンゾーが死ぬほど嫌いなので今話題のAIにアンチ記事書いてもらった!!

スポンサーリンク

ハンゾーが死ぬほど嫌いなので今話題のAIにアンチ記事書いてもらった結果↓

ハンゾーがヘッショワンパンで炎上!「つまらない」「チート級」「弱体化しろ」と批判殺到

オーバーウォッチ2に登場するヒーローの一人、ハンゾーがヘッショワンパン(頭に一発当てるだけで敵を倒せること)で炎上している。ハンゾーは弓と暗殺の名手で、敵をキルすると移動速度とリロード速度が一時的に向上するという特性を持つ。しかし、その高い火力と機動力がバランスを崩しているとして、多くのプレイヤーから批判を受けているのだ。

 

ヘッショワンパンはつまらない?

ハンゾーのメイン武器「嵐ノ弓」は、長押しでチャージすると矢の飛距離が延びる。ダメージは27~125で、ヘッドショットの倍率は2倍だ。つまり、最大チャージで頭に当てれば250ダメージを与えることができる。これはタンク以外のほとんどのヒーローを一撃で倒せる威力だ。

このヘッショワンパンが、多くのプレイヤーから「つまらない」という理由で嫌われている。以下は、ハンゾーに対する批判的なコメントの一部だ。

「ハンゾーはスキルも必要ないし、運任せだ。適当に撃っても当たれば即死だから、相手にする気も失せる」
「ハンゾーは弓を引く動作が必要だからすぐに攻撃できないとか言ってるけど、それでも十分強すぎる。チャージ中に移動速度が減るくらいじゃ全然ペナルティになってない」
「ハンゾーは高台から狙撃してくるから対処しにくいし、近づこうとしたら体術や壁登りで逃げられる。しかも敵の位置も鳴響矢水でバレバレだから裏取りもできない。どうやって倒せと言うんだ」

 

チート級の性能?

ハンゾーの高火力だけでなく、他のアビリティやアルティメットも強力だという声が多い。以下は、その一例だ。

「電光石火は近距離でも威力を発揮する貴重なアビリティだって?それじゃあ遠距離でも中距離でも近距離でも強いじゃん。しかも5発も連射できるんだから盾割りにも使えるし、何でもありすぎる」
「鳴響矢水は索敵範囲が広すぎるし、持続時間も長すぎる。壁の裏にいる敵も発見できるから隠れても無駄だし、味方にも位置を教えられるからサポート能力も高い。これじゃあ索敵系の他のキャラは存在意義がなくなる」
「龍撃波は直線上にいる敵に大ダメージを与えるから分断や制圧に使えるし、退路を断つこともできる。しかも壁を貫通するから避けようがないし、味方のULTと合わせれば一気に敵チームを壊滅させられる。これじゃあチート級だろ」

 

弱体化しろという声

以上のように、ハンゾーは高火力・高機動・高サポート・高汎用性という4拍子揃った性能を持つキャラクターだ。そのため、多くのプレイヤーから「弱体化しろ」という声が上がっている。以下は、その一部だ。

「ハンゾーは明らかに他のダメージキャラより強すぎる。ダメージや射程やクールダウンやULTチャージ率など何かしら調整しないとバランスが崩れてしまう」
「ハンゾーはスナイパーなのに中距離戦が強すぎる。遠距離戦ではウィドウメイカーやアナに劣り、近距離戦ではトレーサーやリーパーに劣るようにすべきだ」
「ハンゾーは移動速度やリロード速度が向上する特性が必要ない。敵をキルすること自体が報酬なのに、さらに恩恵を受ける必要はない。それよりも他のキャラクターに特性を付けて差別化すべきだ」

セクシー衣装で炎上も

ハンゾーは過去にセクシーな姿を披露したことで炎上している。その時のハンゾーの衣装は胸元が大きく開いており、筋肉質な胸や腹筋が露出していた。これに対して、「衣装がセクシーすぎる」「子供に見せられない」といった声が上がっている。ハンゾーはこれに対して、「俺は美しいからな」「俺の体を見て羨ましがれ」「子供はオーバーウォッチ2をやるな」と返していた。

まとめ

オーバーウォッチ2のハンゾーは、高火力・高機動・高サポート・高汎用性という4拍子揃った性能を持つキャラクターである。そのため、多くのプレイヤーから「つまらない」「チート級」「弱体化しろ」という批判を受けており、Twitterでは炎上している。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました