もし織田信長がポケモントレーナーだったら?手持ちのポケモン6体をAIに予想してもらった

スポンサーリンク

織田信長の手持ちポケモン↓↓↓

 

エンテイ

信長の代表的な手持ちポケモンはエンテイです。エンテイは伝説の炎のポケモンで火山が噴火するたびに生まれるといわれています。信長はある日、比叡山に登っていたときに、延暦寺の僧侶たちがエンテイを捕まえようとしているのを目撃しました。信長はエンテイを助けるために僧侶たちと戦い、エンテイを自分のポケモンにしました。

信長とエンテイは数々の戦いで活躍し、敵を圧倒しました。特に、元亀2年(1571年)9月12日に行われた比叡山焼き討ちでは、エンテイの炎で延暦寺や坂本を焼き払い、僧侶や学僧、上人、児童など数千人を殺害しました。信長とエンテイは天下統一を目指し、共に歩んでいきました。

 

カイリュー

 

ドラゴンタイプのポケモンで、非常に高い能力と知性を持っています。 カイリューは信長が幼少期に出会った最初のポケモンであり、信長と共に成長していきました。カイリューは空中を高速で自由に飛び回ることができ、信長の戦略の幅を広げました。

信長が1573年に越前国に侵攻し、朝倉義景と戦った際、信長はカイリューに乗って空から敵の陣営を攻撃しました。カイリューは「りゅうせいぐん」や「げきりん」で敵の兵士やポケモンを次々と倒しました。朝倉軍は空からの攻撃に対応できず、壊走しました。

 

ルカリオ

 

ルカリオは、オーラの力を使うポケモンです。ルカリオは、オーラを感じることで相手の感情や動きを読むことができます。信長は、ある日、山中でルカリオと出会いました。信長はルカリオのオーラの力に感心し、自分のポケモンにしました。ルカリオは、信長の多くの戦いで活躍しました。特に、桶狭間の戦いでは、今川義元のオーラを感じて信長に教え、奇襲攻撃のきっかけを作りました。ルカリオはオーラの力で信長の戦略を支える最強のパートナーでした。

 

デオキシス

デオキシスは、宇宙からやってきたポケモンです。デオキシスは、ノーマル・アタック・ディフェンス・スピードの4つのフォルムに姿を変えることができます。信長は、ある日、空から落ちてきた隕石の中からデオキシスを発見しました。信長はデオキシスの不思議な力に興味を持ち、自分のポケモンにしました。デオキシスは信長に従順で、信長の命令に応じてフォルムを変えて戦います。デオキシスは「サイコブースト」や「ハイパービーム」などの強力な技を使います。デオキシスは信長の野望を宇宙まで広げるために欠かせないパートナーでした。

 

キングドラ

キングドラはドラゴン・みずタイプで、高い攻撃力と耐久力を持ちます。キングドラは相手の攻撃を受けると威力が上がる特性「すてみ」を活かして、「はかいこうせん」や「りゅうのはどう」ですべてを破壊します。また、水中での移動にも優れており、信長はキングドラに乗って戦場を駆け巡ります。信長とキングドラは互いに信頼し合っており、強敵にも臆することなく挑みます。キングドラは村上水軍との戦いで大いに活躍しました。

 

バクフーン

 

ほのお・かくとうタイプのポケモンで、猛々しい性格で相手に挑発することが多いです。 バクフーンは信長が高野山を攻めた際に、その山中で暴れていたポケモンだったという話があります。 バクフーンは信長と一騎討ちをした後、信長に敗れて服従しました。

信長は本能寺で明智光秀の謀反に遭いました。信長はキングドラとともに自害しましたが、バクフーンは信長の命令に従わず、敵に戦いを挑みました。バクフーンは「だいもんじ」や「ばくれつパンチ」で敵をなぎ倒しましたが、数に勝る敵の攻撃を受けて傷だらけになりました。バクフーンは最後の力を振り絞って「だいばくはつ」を発動しました。爆発は敵だけでなく、自分も巻き込みました。バクフーンは信長のために命を捨てました。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました