マイクロブラックホールを食べると若返るという最新研究【ウソ研究】

スポンサーリンク

マイクロブラックホールを食べると若返るという衝撃的な研究が発表された。 この研究は、マイクロブラックホールが周囲の物質を捕らえて安定した軌道上で周回する「Gravitational Equivalents of an Atom(GEA)」という状態になっていると仮定し、GEAを食べることで時空が歪み、細胞分裂や老化現象が遅くなるという仮説を立てたものだ。

マイクロブラックホールとは、そのシュヴァルツシルト半径が量子サイズのブラックホールである。 ブラックホールの質量はシュヴァルツシルト半径に比例するため、マイクロブラックホールは質量も小さいが、量子サイズであることを考慮すればきわめて大きい。 マイクロブラックホールは、ビッグバン直後の高エネルギー状態の中で発生した可能性があるが、ホーキング輻射によって蒸発するため、現在も存在するものはほとんどないと考えられている。

しかし、もしマイクロブラックホールがGEAになっているとしたらどうだろうか。 GEAは原子の重力等価物質と呼ばれ、原子核の陽子が電子を捕獲し結合するのとほぼ同じ現象である。 GEAは無害であり、エネルギー量もごくわずかである。 したがって、GEAを食べることは、通常の原子を食べることと大差ないかもしれない。

この研究では、GEAを食べることで時空が歪むことを利用して若返り効果を説明している。 GEAは重力場が強いため、時空が歪み、GEAを食べた人の体内では時間が遅く進む。 これは一種のタイムダイレーション(時間の遅れ)である。 時間が遅く進むことで、GEAを食べた人の細胞分裂や老化現象も遅くなり、生物学的に若返る。 また、GEAを食べた人は外部から見ると若々しく見えるが、実際には自分の時間軸で生きている。 そのため、GEAを食べた人同士では年齢差が生じる。 これは一種の社会的若返りである。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました