ファンタジー作品に使えるオリジナルな魔法のアイテム15選 part5

スポンサーリンク

幻影の指輪:着けると他人に見えなくなるが、その間自分も他人を見ることができない。指輪は外すことができない。

魅力の口紅:塗ると誰からも好かれるようになるが、唇が大きくなる
美貌のブレスレット:着けると美しくなれるが、指輪は着けるたびに細くなっていく。

飛行の羽根:つけると飛べるようになるが、飛んだ分だけ高所恐怖症になる。

運動の靴下:履くと筋力が上がるが、疲れやすくなる。

破壊のハンマー:このハンマーを持つ者は、何でも壊すことができる。しかし、その代償として、自分の大切なものも壊してしまう。ハンマーを手放すことはできない。

逃走の靴:この靴を履くと、どんな場所でも逃げ出すことができるが、その場所には二度と戻れない。逃走の靴に頼った者は、やがて何も残らない。

転生の蛇:この蛇を噛まれると、死んだ後に別の生き物として転生することができる。しかし、その生き物は必ず自分が嫌いなものになる。

消滅のハンカチ: このハンカチで涙を拭くと、その涙の主は消滅してしまう。愛する人の涙を拭こうとした者が、自らの手で相手を失ってしまう悲劇のアイテム。

影のマフラー:このマフラーを巻くと、自分の影が自分の意思に従って動き、様々な形に変化することができる。ただし、マフラーを外すと、影が消えてしまう。

炎のブレスレット:このブレスレットをつけると、自分の体温が上がり、炎を操ることができる。ただし、ブレスレットを外すと、体温が急降下し、風邪をひく可能性がある。

雪花の指輪:この指輪をはめると、雪の結晶のように美しい肌と髪を手に入れることができる。しかし、その美しさは永遠ではなく、指輪を外すか温かい場所にいるとすぐに元に戻ってしまう。また、指輪をはめている間は寒さに弱くなり、体温が下がりすぎると凍死してしまう危険がある。

花の冠: この冠は頭にかぶると植物と会話したり操ったりできます。また、季節や気候に関係なく花を咲かせたり枯らせたりもできます。この冠は妖精の髪と花の蜜で作られています。

月光のヴェール:このヴェールを被ると、月光の下で自分の姿を隠すことができる。月光の下では透明になり、音も匂いも感じられなくなる。しかし、月光以外の光源に当たると効果が消えてしまう。

雨雲の傘:この傘を開くと、自分の周囲に雨雲が発生する。雨雲は自分の感情や意思に応じて雨の量や強さを変えることができる。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました