ファンタジー作品に使えるオリジナルな魔法のアイテム15選 part4

スポンサーリンク

悪魔の契約書:書くと悪魔と契約できる書類。しかし、契約は人間に不利になるように書かれている

妖精の鏡 – 鏡に映るものは、妖精の世界に引きずり込まれてしまう。

狂気の杖 – 杖を振るうと、周りの人々が狂気に陥る。

黒い炎の書 – 書を開くと、黒い炎が周りを焼き尽くす。

闇のシャボン玉 – 壊れると、周りに闇が広がり、全てを飲み込んでしまう。

魔法の指揮棒 – 振るうと、周りの人々が自分に従って動くようになる。

悪魔のヴァイオリン – 演奏すると、周りの人々が地獄に引きずり込まれてしまう。

死者の眼球 – この目で見たものに呪いをかけてしまう。

魔法の鈴 – 鳴らすと、周りの人々が眠りに落ちてしまう。

真実の目薬:さすと嘘が見破れるようになる目薬。しかし、目薬は視力を奪ってしまい、やがて盲目になる。

再生の薬:飲むと傷や病気が治る薬。しかし、薬は飲んだ人の細胞を過剰に増殖させてしまい、やがて肉塊になる。

竜王の角笛:この角笛を吹くと、竜王の力を借りることができる。しかし、角笛を吹くたびに自分の命が削られ、最後には竜王に魂を奪われる。

真実の目薬:さすと嘘が見破れるようになる目薬。しかし、目薬は視力を奪ってしまい、やがて盲目になる。

再生の薬:飲むと傷や病気が治る薬。しかし、薬は飲んだ人の細胞を過剰に増殖させてしまい、やがて肉塊になる。

海神の槍:この槍は海流を操ることができる。しかし、槍を使うたびに自分の血が流れ、やがて海に溶けてしまう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました