コイキングが食べられて骨だけになったことで生まれたポケモン【架空ポケモン】

スポンサーリンク

コイボーン

コイボーンは、コイキングが食べられて骨だけになったことで生まれたポケモンです。コイキングは、みずタイプのポケモンで、魚のような姿をしています。コイキングは、とても弱くて役に立たないポケモンとして知られています。コイキングは、自分の力を信じて、いつかギャラドスに進化することを夢見ています。しかし、コイキングは、ある日、他のポケモンや人間に食べられてしまいました。その結果、コイキングは死んでしまいました。

しかし、コイキングは、死んでも成仏できませんでした。コイキングは、自分を食べた者に復讐するために、骨だけの姿で生き続けることになりました。その時、コイキングは進化して、コイボーンになりました。

コイボーンは、みず/ゴーストタイプのポケモンです。コイボーンは、骨のような姿をしていますが、実はゴーストタイプのポケモンです。コイボーンは、自分を食べた者に復讐するために、水中や陸上をさまよっています。コイボーンは、ゴーストタイプの力を使って、相手の体や心を乗っ取ったり、恐怖に陥れたりすることができます。コイボーンは、自分の運命に絶望しており、幸せなポケモンを妬んでいます。

コイボーンのステータスは以下の通りです。

HP: 50 こうげき: 40 ぼうぎょ: 80 とくこう: 60 とくぼう: 80 すばやさ: 40

合計: 350

コイボーンの特性はふゆうです。これは、じめんタイプの技が効かなくなります。コイボーンの技は以下の通りです。

しおみず: みずタイプの特殊技。相手にダメージを与えるとともに、10%の確率で相手のぼうぎょを1段階下げる。 あやしいかぜ: ゴーストタイプの特殊技。相手にダメージを与える。 かなしばり: ゴーストタイプの変化技。相手が最後に使った技を4ターンの間使えなくする。 のろい: 自分のHPを最大HPの半分だけ減らして、相手を『のろい』状態にする。

コイボーンの進化方法は以下の通りです。

コイキング→レベル20→食べられる→コイボーン

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました