核融合炉から生まれた新しい生き物、フュージョンビーストとは【架空の生物】

スポンサーリンク

フュージョンビーストは、核融合炉から生まれた新しい生きものです。核融合炉は、水素原子の核を高温高圧の状態で衝突させて、ヘリウム原子の核に変えることで、大量のエネルギーを発生させる装置です。

フュージョンビーストは、核融合炉の中で偶然に誕生した生きものです。核融合炉の中では、高温高圧のプラズマが発生し、放射線重金属などの有害物質も含まれています。このような過酷な環境に適応したフュージョンビーストは、半透明でゼリー状の体を持ちます。体は柔らかく伸縮自在で、プラズマの流れに沿って動きます。体の色は、プラズマの温度や密度によって変化します。高温高密度の場所では赤やオレンジなどの暖色系になりますが、低温低密度の場所では青や紫などの寒色系になります。

フュージョンビーストは、体内に核融合反応を起こすことができる特殊な器官を持ちます。この器官は、水素原子を吸収し、ヘリウム原子に変えることで、エネルギーを生成します。このエネルギーは、フュージョンビーストの生命活動に必要なものですが、余ったエネルギーは体から放出されます。このため、フュージョンビーストは常に発光しており、触れると火傷を負う危険があります。

フュージョンビーストは、体内に放射性物質や重金属などの有害物質を分解する能力も持ちます。この能力は、核融合炉の中で生き残るために必要なものですが、同時に核融合炉の安全性や効率性にも貢献しています。フュージョンビーストは、核融合炉から出る廃棄物を減らし、核融合反応を促進する役割を果たしています。

フュージョンビーストは、無性生殖によって増殖します。体内で核融合反応が起こるときに、一部の細胞が分裂し、小さな個体として分離します。この小さな個体は成長すると親と同じ大きさになります。フュージョンビーストは個体間で意思疎通する能力はありませんが、本能的に群れを作って行動します。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました