フワンテが水風船になったことで生まれた新種ポケモン【架空ポケモン】

スポンサーリンク

バブルンは、フワンテが大量の水を含んで進化したポケモンです。バブルンは、みず/ひこうタイプの水風船ポケモンです。高さは1.2m、重さは3.6kgと、フワンテよりも大きくなっています。体色は水色と白で、全身が水でおおわれています。

バブルンは、水没都市の空中に浮かんで暮らすポケモンです。水没都市とは、かつて人間が住んでいた都市が海面上昇や津波などの災害によって水に沈んだ場所のことです。水没都市には、様々なポケモンが住み着いており、バブルンもその一種です。バブルンは、体内の水を高圧で噴射して飛行することができます。この水は、バブルンの特性であるかるわざねつぼうそうによって温度を自在に調節できるため、冷たい水や熱湯を相手に浴びせることができます。また、夢特性であるすいほうによって、みずタイプの技の威力が上がります。

バブルンは、フワンテがLv.40以上で「みずのいし」を使うと進化することができます。「みずのいし」は、水没都市の中にある建物や車などから見つけることができます。この石は、水没都市の歴史や文化を象徴するものであり、フワンテにとっても大切なものです。フワンテは、「みずのいし」を使うことで、水没都市の守護者として進化することができます。

バブルンは、水没都市に住むポケモンたちと仲良く暮らしています。特に、同じく空中を飛ぶポケモンであるスワンナやペリッパーと仲が良いです。バブルンは、これらのポケモンたちと一緒に空中を自由に飛び回ったり、水没都市の景色を楽しんだりしています。また、水没都市に侵入してくる人間や悪いポケモンから水没都市を守る役割も果たしています。バブルンは、自分たちの住処を汚したり壊したりする者に対しては容赦なく攻撃します。その際には、体内の水を使った強力な技を繰り出します。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました