日本の平均年齢が5歳になったらどうなるか予想してみた

スポンサーリンク

日本は高齢化が進む国として知られていますが、もし突然平均年齢が5歳になったらどうなるでしょうか。この記事では、社会、経済、文化などの観点からその影響を考えてみます。

社会

平均年齢が5歳になったら、社会は大混乱に陥るでしょう。まず、保護者や教育者がほとんどいなくなるため、子どもたちの安全や教育が確保できません。子どもたちは自分の世話をすることができず、食べ物や水、衣服や医療などの基本的な生活必需品に困るでしょう。

また、交通や通信、電力などのインフラも機能しなくなり、移動や連絡、情報収集が困難になります。さらに、法律や秩序も崩壊し、暴力や犯罪が横行する可能性があります。子どもたちは自分の生存をかけて争い合うか、協力して生きていくかの選択を迫られるでしょう。

経済

平均年齢が5歳になったら、経済は崩壊するでしょう。まず、労働力が激減するため、生産やサービスが停止します。農業や工業、商業などの産業は壊滅的な打撃を受け、物資や資金の流通が止まります。また、消費者もほとんどいなくなるため、需要も減少します。物価や経済指標は暴落し、通貨や貨幣の価値も失われます。経済活動はほとんど行われなくなり、子どもたちは自給自足の生活を余儀なくされるでしょう。

文化

平均年齢が5歳になったら、文化も失われるでしょう。まず、言語や文字の習得が困難になるため、コミュニケーションや記録ができません。歴史や伝統、芸術や科学などの知識や技術も伝承されず、忘れられていきます。また、宗教や倫理、価値観などの規範も崩れ、人間性や社会性も失われます。文化的なアイデンティティや多様性も消滅し、子どもたちは野蛮化していくか、新たな文化を創造していくかの選択を迫られるでしょう。

メリット

平均年齢が5歳になったら、日本は社会的にも経済的にも文化的にも破滅するでしょう。しかし、その中で見出せるメリットについても言及します。

  • 環境に優しい社会になるかもしれません。温室効果ガスの排出や資源の消費が減り、自然や動物との共生が進むかもしれません。
  • 自由で創造的な社会になるかもしれません。既存の制度や慣習にとらわれず、自分たちの考えや感性で新しい社会を作り上げるかもしれません。
  • 平等で協調的な社会になるかもしれません。年齢や性別や出身などの差別がなく、互いに助け合って生きていくかもしれません。
  • 貧富の格差が解消されるかもしれません。金銭や財産の意味がなくなり、物々交換や共有経済が主流になるかもしれません。
  • シンプルで豊かな生活になるかもしれません。必要以上の消費や競争をしなくなり、自分の好きなことや楽しいことに時間やエネルギーを使うかもしれません。
  • 革新的で持続可能な経済になるかもしれません。新たな技術や発明を生み出し、環境に配慮した経済活動を行うかもしれません。

まとめ

平均年齢が5歳になったら、日本は社会的にも経済的にも文化的にも破滅するでしょう。子どもたちは生きるために困難に立ち向かわなければなりません。しかし、その中で新たな可能性や希望も見出せるかもしれません。平均年齢が5歳になるというのは極端な仮定ですが、現実の高齢化問題にも目を向けるきっかけになるかもしれません。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました