脱税が合法になったらどうなる?税制や社会に与える影響を考える

スポンサーリンク

納税は国民の義務ですが、誰もが税金を少しでも減らしたいと思うのは自然なことでしょう。しかし、そのために不正な手段を使って税金をごまかすことは、脱税と呼ばれて犯罪行為です。脱税は、国や地方の財政や公共サービスに悪影響を及ぼすだけでなく、納税者間の不公平感や社会の秩序や信頼感を損ねることにもつながります。

では、仮に脱税が合法になったらどうなるのでしょうか?この記事では、脱税が合法になった場合に、税制や社会に与える影響を考えてみます。

脱税が合法になったら税収は減少する

脱税が合法になったら、まず最初に起こることは、国や地方の収入である税収が大幅に減少することです。現在、日本の国家予算の約半分は税収で賄われており、地方自治体も税収に依存しています。脱税が合法になれば、個人や企業は自分の所得や利益を好きなように申告できるので、納めるべき税金を減らすことができます。これは、国や地方の財政を圧迫し、赤字が拡大することになります。

脱税が合法になったら公共サービスや社会保障制度が悪化する

次に起こることは、公共サービスや社会保障制度の維持・改善が困難になることです。国や地方の財政が悪化すれば、教育や医療、防災やインフラなどの公共サービスの質や量を維持することが難しくなります。また、年金や医療保険、介護保険などの社会保障制度も財源不足に陥り、給付水準の低下や負担増が避けられません。これは、国民全体の生活水準や福祉水準を低下させることになります。

脱税が合法になったら納税者間の不公平感や不満が高まる

さらに起こることは、納税者間の不公平感や不満が高まることです。脱税が合法になれば、同じ所得や利益でも、申告額や納付額に大きな差が出ることになります。これは、納税義務を果たしている人や企業は不利益を被ることになりますし、納税者同士の対立や摩擦を引き起こす可能性もあります。

おわりに

以上からわかるように、脱税が合法になったら、個人や企業レベルでは一時的にメリットを享受できるかもしれませんが、国民全体や経済社会全体では大きなデメリットを被ることになります。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました