Chat GPT-4が考えたヤバイSCP紹介

スポンサーリンク

SCP-ZZZZ-JP: 時間を食べる猫 

説明: SCP-ZZZZ-JPは、外見は普通の猫と変わりませんが、時間を食べることができます。時間を食べるというのは、自分の周囲の時間を遅くしたり速くしたり停止したりすることです。SCP-ZZZZ-JPはこの能力を自在に使えますが、そのたびに周囲の人や物の記憶や存在が消えてしまいます。SCP-ZZZZ-JPはこのことに気づいておらず、自分の好きなことをするために時間を食べ続けています。SCP財団はSCP-ZZZZ-JPを発見し、収容しようとしますが、その能力によって逃げられてしまいます。SCP-ZZZZ-JPは時間を食べることで世界から何もなくなってしまう危険性があります。

 

SCP-HHHH-JP 人間の心臓

説明: SCP-HHHH-JPは、人間の心臓と外見・構造・機能がほぼ同一の器官です。SCP-HHHH-JPは、人間以外の生物に移植すると、その生物が人間に変化するという異常性を持ちます。SCP-HHHH-JPの移植を受けた生物(以下、SCP-HHHH-JP-1)は、以下のような変化を経験します。

移植後数時間以内に、SCP-HHHH-JP-1の体温が37℃になります。 – 移植後数日以内に、SCP-HHHH-JP-1の体毛が脱落し、皮膚が白色人種のものになります。 – 移植後数週間以内に、SCP-HHHH-JP-1の体格が平均的な成人男性のものになります。この過程で、骨格や筋肉、内臓などが人間と同じに再構成されます。 – 移植後数ヶ月以内に、SCP-HHHH-JP-1の脳が発達し、人間と同等の知能や言語能力を獲得します。

 
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました